ここから本文です。

丸亀の想い

鮭の丸亀 > 丸亀の想い

丸亀の想い

丸亀の原点

丸亀の鮭の出発点は、先代鵜沼亀太郎が出身地秋田県の雄物川で獲れた鮭(ホッチャレ)を『神からの授かり物』として拝むように頂いたという幼少時代にさかのぼります。
昭和に入り、先代鵜沼は北海道に単身渡り、函館での奉公、札幌の親類縁者のもとでの修行を経て、昭和十年、丸亀(創業時は鵜沼商店)を創業しました。
その時、北海道における鮭に対する扱いの粗悪さや無理解におおいに落胆、反発し『鮭をどうして大事に扱えないのか?鮭の本場、北海道ならではの扱いをすることでもっと美味い鮭を世に出せるはずだ』と感じたといいます。

神からの授かり物『鮭』に感謝し、慈しみ扱うこと。
手造りの技術を継承し続けること。
北海道の真の名産として恥じない鮭をお届けすること。
その結果それを食したお客様おひとりおひとりがその味に感嘆し、喜んでいただくこと。

それが丸亀の変わらぬ想いであり、魂であります。

丸亀のこだわり

素材

素材の厳選は丸亀製品の出発点です。

北海道産 天然へのこだわり

丸亀製品は、北海道産の天然オス鮭のみを使用しております。
その中でも現在全体水揚量の1%にも満たない白鮭の『銀毛』という原魚を主な材料としております。
現在の調達加工先は北海道の知床羅臼・根室市おちいしの2箇所をはじめとする道内数ヶ所となっております。

自らの眼で選ぶことへのこだわり

創業以来、漁期には旬を見極め、店主自ら直接、漁場へ赴き、現地の市場で、その日あがった鮭を厳選し買い付け、現地加工場で加工を行うことが基本となっております。そこに一切の妥協はありません。

その調達に関しましては、各漁場の生産者様、協力加工場様の長年にわたるたゆまぬご尽力があることはいうまでもなく、そのかたがたへの深い感謝の念は丸亀の礎であります。

手造りと顔のみえる商いを

丸亀では、あらゆる加工を全て、自社社員の手造りで行います。
先代の鵜沼は好んで『鮭魂』という言葉を使いました。
それは『同じ素材を使っても作り手によってご飯や味噌汁の味が異なる。
丸亀の鮭には、自身の想いと魂を注ぎ込む』という意味です。
自身の手を通して1本1本に魂を注いだ製品を皆様にお届けすることに丸亀はこだわってまいります。

販売は基本的に、直営店のみで行います。
これは、買い付け〜仕込み〜加工〜販売にいたる流れを全て、目の届く範囲で完結したいという想いによるものです。

造り手の私たちが、直接、お客様に商品をご説明、ご紹介し、評価をいただくこと。美味しかったと微笑んでいただくこと。
丸亀の変わらぬ想いです。

こだわりつづけること

七〇余年にわたり鮭と丸亀は歩み続けてまいりました。
しかし一年といって同じ環境の年は無かったように、今尚、毎年毎年目指す鮭との出会いに想いを馳せ、走り続けております。

丸亀は今後も初心を忘れず、神と自然の恵みの鮭に感謝〜慈しみながら、お客様に喜んでいただける『美味しさ』・『品質』・『安心と安全』を『手造り』を通じてお届けしてまいりたいと思います。

その年その年、出会う鮭、そしてお買い上げいただくお客様に感謝の心を忘れることなく・・・。

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る