ここから本文です。

鮭の丸亀 > オンラインショップ > 時不知(ときしらず) 時さけ

時不知(ときしらず) 時さけ

丸亀の時不知(ときしらず) 時さけ
時不知(ときしらず)へのこだわりと特徴


主に北海道の定置網漁でとれた時不知(ときしらず)を厳選し、取扱しております。
商品としては1本物や切身の詰め合わせ、お刺身用のさく造りなど豊富に取り揃えております。

時不知=ときしらずは本来北海道で主に鮭が漁れる時期(秋)ではなく、5月〜7月に水揚げされることがその名の由来となっております。初夏に北海道沿岸をすり抜けるように回遊している若い白鮭です。白鮭という広義では、秋サケ・ケイジ・メジカと同じ種類の鮭になりますが、回帰(出身)母川や回遊ルートが異なりこの時期に北海道に到来します。脂のりが良い身質と丸々と流線型の体躯、まだ全身を覆わない鱗といった特長があります。
丸亀では北海道日高〜根室の太平洋沖と羅臼沖の前浜で水揚げされた時不知だけを厳選。独自の伝統製法で塩蔵した「さしみ鮭時不知」。さらに塩蔵熟成を施した焼用の「熟成中辛時不知」の2種の塩蔵鮭、又、燻製や漬け・西京漬け、バターステーキ切身などをご用意しております。

同じ鮭でも加工や製法によりまったく異なる味わいをお愉しみいただけます。秋鮭と並ぶ弊舗の看板商品となっております。ぜひこの機会にご賞味ください。

尚、太平洋200海里内の近海で水揚げされた時さけもお取り扱いしております。
前浜定置網「時不知」製品と区別するため弊舗では
「時さけ」という商品名でご案内しております。

すべて見る

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る